第5回目のようす

二本松市のワイナリー「ふくしま農家の夢ワイン㈱」さんをお招きし、自社製品のシードル(果実酒)について、お話しいただきました。

シードルの製造過程や、製品への熱い思いなどをお話しいただきました。


また、参加者にはシードルに合った料理などをご提供しました。

参加者は定員の15名が集まり、真剣に耳を傾けながら2種類のシードルを味わいました。

今回、夢ワインさんにご用意頂いたのは赤と白の2種類のシードルです。

 

ここからどのシーンに、どのシードルが合うかなどをお話しいただきました。

 

イベント終了後は販売も行い、多くの方にご購入いただきました。

用意された料理には、ガレットとアボガドのサラダが振る舞われました。

 

ここに白のシードルを合わせました。

 

白のシードルは飲み口が爽やかで、すっきりとした味わいです。

食後のデザートには、リンゴのタルトタタンとシフォンケーキが用意されました。

 

ここに赤のシードルを合わせます。

 

赤のシードルは飲んだ後もリンゴの酸味と甘みが口の中に残る、濃厚な味わいです

イベントへ参加された方にはお土産もご用意致しました。

 

伊達市のやさい工房さんからの卵のプレゼントです。

ふくしまの市は、12月から3月までは屋内のワークショップでの開催を予定しています。

 

今後も福島の農家さんが元気になるように、お手伝いをしていきたいと考えています。